私は虫歯が非常に多く今になって後悔しております。青汁で健康維持

hamigaki170904

★私は虫歯が非常に多く今になって後悔しております
52歳男性です。私は子供の頃、及び永久歯に生え変わった後も歯磨き等のお口の手入れ
が悪く虫歯が非常に多かったです。今でこそ気になる虫歯の発生はある程度抑えられてお
りますが、もっと歯のケアをしておけば良かったと大変後悔しております。

hamigaki170904

普通ですと歯の磨き残しの起こり易い奥歯等が虫歯になり易いと思うのですが、私の場合は
奥歯のみならず比較的歯磨きのしやすい前歯も多数の虫歯になってしまいました。
その為、虫歯の治療の跡がほぼ全ての前歯にもあります。一度治療した歯は数年で治療の際の
詰め物が取れてしまったりするのでその度に再治療を繰り返した為、非常に見た目も悪く
なってしまいました。
又、前歯は奥歯と異なり繊細なのか非常に欠けやすく何度も欠けてしまいました。
現在は歯磨きと合わせてマウスウォッシュ液を併用しております。素人考えですがこれは
歯磨き後も口の中に残っているバイ菌を除去できるでしょうか、歯石の蓄積予防に効果が
ある様に思えます。
年に一度は歯医者に歯石除去等に行きますが、その際も歯石が非常に少ないと歯医者の先生
に言われます。
とにかく子供の頃から正しい歯磨きの仕方を身につける事が大切であったと大人になって
から気が付きました。

★試さないと損!若さと美しさを青汁が応援!
「青汁」についていろいろ調べたところ、加熱処理しない緑黄色野菜の絞り汁のこと、とのことです。
流通に便利で楽々と摂れる粉の状態で、小分けされた品物が大半であり、
ヨーグルト等に混ぜるだけですぐ飲める所がありがたいですね。

ブランドにより、入っている栄養素が違って、多くの優れた「青汁」を見かけます。
からだに不足している栄養素についてもどれかという点を調べ、味の好き嫌いはどの程度かも試して、
青汁を毎日の暮らしに取り入れれば青汁と気長に付き合えると思いますよ。

食生活の乱れは現代人にとって重い課題で、本来であればふだんのご飯でしっかりと1日に
必要な野菜の栄養を全部とり入れて、健やかに過ごすというのが最良でしょう。
しかし、せわしない日々のなか栄養に神経質になって献立を考えるのは難しいです。
上手に青汁を飲む中で、無理なくパワフルな身体でいられたら最高ですね!

飲みやすさ実感。ヘルシーな毎日の始まりを青汁がサポート

aojiruumai170907

飲みやすさ実感。ヘルシーな毎日の始まりを青汁がサポート
「青汁」について辞典で検索したところ、生野菜のしぼり汁の事であると書かれています。運びやすく使い勝手の良い細かい粉末状で、一包化された青汁が大半で、フルーツジュース等に組み合わせればすぐ飲めるというのが良い点でしょう。昔の青汁を振り返ると、葉っぱその物だけしか使っておらず、摂取しにくい印象でしたが後に改良を重ね最近は臭味が減りビタミン・ミネラルたっぷりな飲み物に進化しています。火を加えず、栄養価の高い青物野菜を体に届ける青汁は、野菜嫌いな人の最強の食品だと思います。気になっているけどまだ「青汁」にトライしたことがない人は無料の試供品を取り寄せるなどとりあえず飲んでみましょう!同じ青汁でも会社によっていろいろな種類の味があります。あなたの味覚に合い、続けられる製品があるはずですから見つけ出してみましょう。

オススメの虫歯予防法と初期虫歯の対処方について

オススメの虫歯予防法は起床時にまずは口をゆすいで口の中の菌を取り除きます。それから歯磨きをします。歯を磨く時は歯の隙間と歯茎を丁寧に磨きます。

これで1度目の歯磨きは終了です。次に2度目の歯磨きは朝食を食べたあとです。これも1度目同様丁寧に歯を磨きます。そして帰宅後手洗い、うがいを済ませ歯を磨きます。そして夕食後、お風呂上がり、寝る前と私は計6回も歯を磨いています。

これが私が行っている虫歯予防法です。さすがに磨きすぎやろうと思われる方も入ると思いますが私はこれぐらい磨いておかないと気がすまないのと、この6回磨くようになってから1度も虫歯になっていません。

初期虫歯については歯が少しでも痛いと思ったらすぐに歯医者さんに行った方が良いです。理由はその少しの痛さからどんどん虫歯が広がっていくことがあり、ひどい時には3本同時に虫歯になった時がありました。なので初期虫歯が見っかったらすぐにでも歯医者さんに行くべきです。

私の様に3本等、多く虫歯が見つかってしまうと歯医者さんに半年から1年通院しなければ行けないようになってしまいます。半年も1年も通院していると治療費もかかりますしプライベートの時間も削られます。

初期虫歯の治療なら1~2回の治療で済むので何事も早めの治療が大切です。